本文へスキップ



特定非営利活動法人  ライフサポート 青森

みなさんが笑顔ですごせる老後をサポートします

                           
老後のライフプランを考えましょう


「万が一の時、頼れる親族がいない。家族には迷惑をかけたくない。」  
  当法人にはこのようなご相談が数多く寄せられています。
  人生の後期を自分の意志どおり実行するためには、
  お元気なうちにしっかりと検討し、取り決めをしておくことが重要です。


 
①生活支援 ②身元保証支援 ③葬送支援

  上記の3点を重要視し、個人個人の必要に応じたサポートをしております。

  • NPO法人とは・・・「特定非営利活動促進法」により定められた特定非営利活動法人のこと。市民団体によるボランティア活動をはじめとする社会貢献活動を行う営利を目的としない団体。         
  • ライフサポート青森の目的  
  • 高齢者や障害者の暮らしが守られ、豊かな生活を実現できるよう、身元保証の引受けを軸に、葬儀や相続等の死後事務処理に関する支援や相談等を行うことで、高齢者・障害者の生活を支援し、人権擁護を図るとともに、広く社会福祉の増進に寄与することを目的とします。 (定款より抜粋)
  • 今月のメッセージ                          
    •  会報誌「は~とネット」6.7月号より
      爽やかな風に初夏を感じるこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
      昨年11月の茶話会にて会員の皆様との素敵なご縁を頂きましたこと心より感謝申し上げます。

       さて、世界の国々で新型コロナウィルスが猛威をふるい、私たちの暮らしや社会を大きく変えました。緊急事態宣言が出され、テレビでは「スティホーム・ソーシャルディ・三密回避・等々、聞きなれない言葉が繰り返し流されています。
      その言葉の中の1つ「三密」に心が動きました。
      「密閉・密集・密接」を避けましょうというガイドラインですが、

      そもそも仏教の教えとしての「三密」とは、
      「身密」・・・・身体、行動
      「口密」・・・・言葉、発言
      「意密」・・・・心、考え

      この「身・口・意」の三密についての教えがあり、真言密教の修行の根本であります。

      身・口・意(心)を整え瞑想し、自身が仏と一体となる即身成仏を達成するための修行です。

      僧侶の修行としての三密だけでなく、日常生活の中でも行動・言葉・心に意識を向け、整えていくことで三密の実践が出来ます。

      この「身密・口密・意密」の三密と
           「密閉・密集・密接」の三密

      二つの三密を実践することでコロナウィルス感染防止、そして時に沈みがちになる心を整えてまいりましょう。
       これまで「あたりまえ」と思っていたことが「ありがたい」ことだと気付く心を大切に、感謝と笑顔の毎日を心掛けたいものです。
       ここ浅虫高野山・陸奥護国寺では今、桜が満開です。
       この美しい桜も、数日後には散っていくことでしょう。・・・・
      「それでも再び花は咲く!」
      来年は満開の桜の下、世界の人々の笑顔が輝きますように・・・・
      そして皆様方が日々、健やかにご無事でお過ごしくださいますことを心よりご祈念いたします。   
                                合 掌

       

                              浅虫高野山・陸奥護国寺

                                 副住職  今 彩光
                         (5月寄稿文掲載)

                                      

NEWS新着情報

2年6月3日
情報を更新しました。

バナースペース

NPO法人
ライフサポート 青森

〒030-0844
青森市桂木4丁目8-2
        サンハイツ青森1F

TEL 017-777-6277
FAX 017-777-6277