本文へスキップ



特定非営利活動法人  ライフサポート 青森

みなさんが笑顔ですごせる老後をサポートします

                           
老後のライフプランを考えましょう


「万が一の時、頼れる親族がいない。家族には迷惑をかけたくない。」  
  当法人にはこのようなご相談が数多く寄せられています。
  人生の後期を自分の意志どおり実行するためには、
  お元気なうちにしっかりと検討し、取り決めをしておくことが重要です。


 
①生活支援 ②身元保証支援 ③葬送支援

  上記の3点を重要視し、個人個人の必要に応じたサポートをしております。

  • NPO法人とは・・・特定非営利活動促進法」により定められた特定非営利活動法人のこと。 市民団体によるボランティア活動をはじめとする社会貢献活動を行う営利を目的としない団体。         
  • ライフサポート青森の目的  
  • 高齢者や障害者の暮らしが守られ、豊かな生活を実現できるよう、身元保証の引受けを軸に、葬儀や相続等の死後事務処理に関する支援や相談等を行うことで、高齢者・障害者の生活を支援し、人権擁護を図るとともに、広く社会福祉の増進に寄与することを目的とします。 (定款より抜粋)
  • 今月のメッセージ                          
  •  会報誌「は~とネット」4月号より
     

    桜咲く頃、新しい出会いと別れの季節、今年はどんな繋がりが生まれるのか・・・一期一会大切にしたいです。

     当社は青森市、八戸市で在宅介護・看護を中心に、入院付添いやベビーシッター、家事代行など家政婦さんを紹介いたしております。私は、現業に就く前は看護師が本業でしたので、訪問看護の現場から「家で暮らす当たり前の幸せ」が実現できた一事例をご紹介します。

     心臓血管の病気で7ヶ月入院、足の大きな床ズレで歩行はおろか、立つことさえ小柄な妻が支えて精一杯。

     家に帰りたい夫。帰宅は無理だと断言の主治医。可能と不可能の間で自責の念に駆られる妻。

     そんな時、遠方の息子さんから連絡が入りました。さぁ、在宅介護の限界に挑戦です。お試し外泊を提案、色んな職種が知恵を絞り、どうしたら家で暮らせるか、奥様の負担が軽くなるのか工夫を凝らします。

     訪問看護では炭酸浴と足マッサージで血流を良くして、歩けるようになるためのリハビリ、お風呂介助、何度も奥様がトイレに抱き

    かかえなくても良いようにオシッコや便が出るトイレ時間の調節・・・とその方の生活パターンに合わせてケアを変えていきます。

     お試し外泊から4ヶ月が経ちました。床ズレは退院時の3分の1に小さくなり、現在は一本杖で元気に外出できるまでになりました。当初は毎日訪問しましたが、現在は週2回。

    何より家に帰ってこられて嬉しそうなご夫婦のお顔を拝見するのが私達の幸せです。

     自分の事のように喜ぶスタッフ、社員もかけがえのない存在です。

     施設を考えるのも良し、自宅で自分らしく生きるのも良し。その方とご家族の生活サポートをまじめに取り組んでいます。

     会員の皆さまやそのご友人の皆さま。

    退院するのに不安・・・看護師が家に来てもらえたら・・・と思う方はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

               

             

                            ライフサポート青森 サポート会員

                            ジョブメイトグループ  

                                 ㈱ジョブメイト

                               ㈲青森介護サービス

                               ㈱ビリーブケアサポート

                             副代表 櫛引 由希子


     

                                      

NEWS新着情報

29年4月1日
情報を更新しました。
 

バナースペース

NPO法人
ライフサポート 青森

〒030-0822
青森市中央一丁目1-20

TEL 017-777-6277
FAX 017-777-6277