本文へスキップ



特定非営利活動法人  ライフサポート 青森

みなさんが笑顔ですごせる老後をサポートします

                           
老後のライフプランを考えましょう


「万が一の時、頼れる親族がいない。家族には迷惑をかけたくない。」  
  当法人にはこのようなご相談が数多く寄せられています。
  人生の後期を自分の意志どおり実行するためには、
  お元気なうちにしっかりと検討し、取り決めをしておくことが重要です。


 
①生活支援 ②身元保証支援 ③葬送支援

  上記の3点を重要視し、個人個人の必要に応じたサポートをしております。

  • NPO法人とは・・・特定非営利活動促進法」により定められた特定非営利活動法人のこと。 市民団体によるボランティア活動をはじめとする社会貢献活動を行う営利を目的としない団体。         
  • ライフサポート青森の目的  
  • 高齢者や障害者の暮らしが守られ、豊かな生活を実現できるよう、身元保証の引受けを軸に、葬儀や相続等の死後事務処理に関する支援や相談等を行うことで、高齢者・障害者の生活を支援し、人権擁護を図るとともに、広く社会福祉の増進に寄与することを目的とします。 (定款より抜粋)
  • 今月のメッセージ                          
  •  会報誌「は~とネット」2月号より
     

               中高齢社会と弁護士の役割

     超高齢社会となり、高齢者を取り巻く法律問題は大きく変わりました。リフォーム詐欺や悪質な訪問販売等の高齢者を狙った消費者被害の増加、加齢により心身に衰えを感じてからの財産管理、認知症にかかってしまったときの成年後見人(医療や介護サービス契約)等、様々な形で私たち弁護士の出番が多くなりました。家族のあり方が変わり、遺言や相続についての考え方も多種多様となりました。高齢者のみなさまにとって、特別なことがあったから弁護士が必要になるのではなく、普通の生活をするために弁護士を必要とする機会が増えたのだと思います。人生が長くなったのですからある意味当前なのかもしれません。

     人生100年の時代、自分の意思に基づいて人間らしく生き、人生を全うするためには、健康面を守る「かかりつけのお医者様」とともに社会生活の正当な権利を守る「身近なホームロイヤー(弁護士)」がいれば安心なはずです。超高齢社会で果たす弁護士の役割とは、気軽に相談を受けて、フットワークも軽く、財産管理(後見)や遺言の執行も適切に行い、高齢者の人生にしっかりと寄り添っていくホームロイヤーだと考えています。

                               青森県弁護士会 会長

                               当法人理事   竹本真紀

                                      

NEWS新着情報

29年2月2日
情報を更新しました。
 

バナースペース

NPO法人
ライフサポート 青森

〒030-0822
青森市中央一丁目1-20

TEL 017-777-6277
FAX 017-777-6277